teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:ゆうき  投稿日:2017年12月11日(月)14時35分56秒
返信・引用
  ゼミお疲れさまでした?
ももちゃんのプレゼンで、黒人か白人で歌い手が違うと分類が変わるという話があって驚きました。こんなにも視覚的にも設定的にもふたつの人種のことを表していたなんて細かいところまで見れていませんでした。髪形に気をとられて髪の色まで表れているのを考えてませんでした。あの髪型、朝大変ですね...。
 
 

(無題)

 投稿者:ももか  投稿日:2017年12月11日(月)14時33分47秒
返信・引用
  お疲れさまでした!
今までの課題の中で一番おもしろくて、歌もすごい好きだったのでえっちゃんが言っていたように、問題を探すのが大変でした。二人のプレゼンからもこの映画は変化していく時代を示唆するメッセージがわかって、当時の時代背景が大きく絡んでいるんだなあと思いました。あとはななえのコメントにはとても納得したのでもう一度考えて見てみたいとも思います。
これを機にドリームやドリームガールズも見ようと思います!
 

(無題)

 投稿者:やこ  投稿日:2017年12月11日(月)14時32分14秒
返信・引用
  最近『アニーよ銃をとれ』のレポートを書きながらまたエンディングにモヤモヤしていましたが、『ヘアスプレー』のように時代背景を描きながら明るい結末になるのはとても楽しく見られました。このころからそういうストーリーが増えたと聞いて、確かに最近多いなぁと思っていました。コメントでも言いましたが、髪型に注目したかおりのプレゼンは画期的で、ならではの演出だと思いました。細かい演出などもう一度見てチェックしたいです。  

(無題)

 投稿者:まなみ  投稿日:2017年12月11日(月)14時31分12秒
返信・引用
  ゼミお疲れ様でした!
『ヘアスプレー』は、個人的にはえっちゃんと同じくストーリーを楽しんで終わってしまいがちな作品で、プレゼンを聞いていろいろ意味が込められていたのだと知りました。
とくに、ゆかちんの「白黒テレビのある家の中は1950年代、外は1960年代」というお話は全く気付かず、なるほど!と思いました。また、先生のおっしゃっていた"Welcome to the 60's"には2つの意味があるというのも全然思い付かなかったので、聞いていてとても面白かったです。
 

(無題)

 投稿者:えっちゃん  投稿日:2017年12月11日(月)14時30分57秒
返信・引用
  ゼミお疲れ様でした。

最後のコメントの時にも言ったんですが、結構ハマってしまって、トレイシーのまっすぐさやエドナのキャラなど一人一人のキャラクターが好きなったし、結局ストーリーを追うだけになっていて、今回のプレゼンを聞いてさすがだなと感じました。明るいストーリーの中に差別や時代背景などが絡んでいて、かえってプレゼンで扱うのは難しいのかと思っていましたが、3人とも説得力のあるプレゼンですばらしかったです。 特に髪型について触れてくれていたかおりのプレゼンは説得力があり、髪型の変化に気づいたにもかかわらず、悔しいなぁと思いました笑
 

(無題)

 投稿者:たか  投稿日:2017年12月11日(月)14時30分34秒
返信・引用
  ぜみお疲れ様でした!
今回のプレゼンもレベルが高くて共感できる部分や気づかなかった知れてよかったです。ゆかちんが発表の中で言っていたエドナの変化が印象的でした。最初はトレイシーの夢に反対し、引きこもっていていいイメージはなかったけど、トレイシーがショーで成功してエドナを外に連れ出し、いいお母さんのイメージがありました。ななこが言っていたようにトレイシーの両親は優しくいい家族だと感じました。
 

(無題)

 投稿者:あべちゃん  投稿日:2017年12月11日(月)14時30分31秒
返信・引用
  ゼミお疲れ様でした!
えっちゃんも感想で言っていたように、今までの作品は感情移入出来るキャラクターが少なく、距離を置いて見てしまうことが多かったのですが、『ヘアスプレー』はどのキャラクターにも共感できて普通に映画鑑賞を楽しんでしまいました。ネガティヴ寄りな私が前向きになれるようなのも魅力的でした。ヘアスプレーというタイトルだけあって普段は見逃しがちな髪型に様々な変化をもたせていて、それにそれぞれ意味があるというのは面白かったです。黒人差別という繋がりで、ドリームも見てみたいです。
 

(無題)

 投稿者:ななこ  投稿日:2017年12月11日(月)14時30分4秒
返信・引用
  ゼミお疲れさまでした!かおりのプレゼンで、黒と白の髪色の変化という細かいところから、時代背景と絡めて分析している部分がとても納得させられました。やこも感想で言っていたのですが、こんなにも髪型に注目してそこから読み取るといった映画はなかなかないので、逆に時代背景や登場人物の心情などが、露骨にわかりやすく表れているなと思いました。また、黒人を受け入れようとする差別撤廃を訴えるメッセージだけでなく、男性が演じる女性も受け入れていこうという服装盗作のメッセージ性も、とても興味深かったです。
来週のオペラ座のプレゼン頑張ります、、!!
 

(無題)

 投稿者:ゆかちん  投稿日:2017年12月11日(月)14時29分5秒
返信・引用
  ゼミお疲れ様でした。
まず、最後のプレゼンが終わりました嬉しいです!!!
最初、自分が担当する映画を3本まとめてみたときは、『ヘアスプレー』が一番みやすいなと思っていたのですが、みやすい分、分析まで到達するのが大変でした、、
ジョン・トラボルタについて調べまくりましたが、なかなかプレゼンに持っていけなくて苦労しました。最終的に少し絡ませてプレゼンできたので、良かったです。
歌詞の意味で、spinningにも気づいていたのですが、プレゼンで触れられなかったのが残念でした。
残すはコメンテーターのみですが、気を抜かずに頑張りたいです!
 

へい!まま!ゴーゴーゴー!

 投稿者:ばやし  投稿日:2017年12月11日(月)14時28分36秒
返信・引用
  ぜみおつかれさまでした!!
『ヘアスプレー』初めて見ましたが、泣きました笑
個人的には、最後アイネスよりトレーシーにミス・ヘアスプレーになって欲しかったです!ヒロインが最後目立つのではなくアイネスかい!ってなりました。あれは黒人が受け入れられたよっていうのを表しているんだろうなと思いました。『レント』に続き社会問題がテーマでしたが『ヘアスプレー』は楽しくみてたので、楽しく観ながら社会問題について考えられるのは良いなと思いました。ももか、ゆかちん、かおりお疲れ様でした!
 

レンタル掲示板
/322