teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ふるさとなまり

 投稿者:直子  投稿日:2017年10月15日(日)17時07分53秒
編集済
  先週、ある日の午後にTVをつけたら料理番組をやっていました。
何を作っているのか?と思って見ていたら、料理人の方が言っている言葉がどうも故郷のなまりに
聞こえる、と思って耳をそばだてていたら、TVの中のタレントさんに鹿児島言葉で指図して
いました。思わずニヤケて聞いていたら面白いのです(^o^)
なまりだけでなく、言葉自体もかごいま言葉でタレントさんに通じるのか?と見ていたら、流石に
タレントです。
しっかいと動いていました。
その料理人こそ、上柿元  勝シェフだったのです(^o^)
鹿児島県人なら知らない人はいないくらい有名なフランス料理の達人です。
私が以前、お写真で見たお顔と違ったので、、最初は分からなかったのです。
あれから数年が経ちましたから、お顔が変わるのも当然ですね!

「きび糖は無かですか?」とか
「無かれあ良かですよ!」とか聞いていて、おもしとかしてゲラゲラ笑いながら見ていました。
フランスに修行に行かれただけあって、フランス語は堪能で綺麗な発音が鹿児島なまりとの
ギャップを感じさせ余計に魅力的に見えました。
人間は、生まれてから3歳までに覚えた言葉(イントネーションも含めて)は忘れないのだ、と
ある国語学者の方が言っていましたが、フランスに住んでも、東京で腕を振るってもシェフは
鹿児島言葉で通して素晴らしいなあ~と思います。

日本中の何処の地方にしても、なまりは良いですね~~!
35年前に水戸市に引っ越して一番に覚えた方言が「良かっぺ」と言う言葉です(^o^)
それは私だけでは無かったようで、近所の奥さん(東京出身者)とお茶飲みをしている時に、
その奥さんが子供は方言を覚えるのも早くて小学二年生で水戸に引っ越して来たが、登校2日目に
「母ちゃん、良かっぺ~?」(お母さん、いいでしょう?)と発した時には、正直ショックだったわ!と話していました。
ジャッドん、それが幸いしてイジメにも合わずに直ぐに馴染んだ事を喜んでいました。
東京の田園調布にお住まいだった御坊ちゃまが「良かっぺ」と言っている姿も面白いものです(^o^)

私たちの小学校の頃は、方言を使わないように!と言う教育方針のもとで育ち正調鹿児島言葉が
何かも知らずに大人になったのは残念な事です。
私は、CDで本来の鹿児島方言を聞いていますが、女性が話す言葉などとても上品で柔らかくて大好きです。
昔、私の祖母が話していた方言を思い出します。
子供である私にでさえ、丁寧な言い方で汚い言葉など聞いた事がありませんでした。
もともと郷士の出身である事を誇りに思っていたからか、否か亡くなって40年も経った今となっては
わかりませんが、私はそんな祖母を今でも尊敬しています。
「女(おなご)は言葉から‥‥!」が口ぐせでしたから、祖母の教えを忘れずにいたいと思います!

昨日、寄ったパン屋さんでもすでにハロウィン仕様です。つい買ってしまましたが‥‥!
 
 

新米

 投稿者:直子  投稿日:2017年10月13日(金)12時46分55秒
  鹿児島、宮崎両県にまたがる新燃岳の噴火にはビックいです(^o^)
この頃、桜島がおとなしいなあ~と思っていた矢先のニュースで、火山帯のある九州は、いっとんも
気が抜けない、と言う事でしょうか!

噴煙は厄介で、洗濯物を外に干せないし、掃除をしても直ぐに部屋の中がザラザラになります。
今回は、東の方向に噴煙が飛散しているようですから宮崎県の方々は大変かと気の毒に思います。
これからもっと大きい噴火もありうるとのことで、油断ができません。
皆さん、くれぐれも気をつけて下さい。

先ほどのニュースで、稲刈りを急いでやっている場面が出ました。
明日からの雨で、噴煙まみれの稲は濡れると後が大変だから、慌てて刈り取りだと言う事です。
九州はとっくに刈り取っているのかと思っていたので意外でした。

先週、孫娘が「私が作ったお米を食べてちょうだい!」と言って、5キロの米を抱えて来ました。
予想もしない事で、驚き喜びました??
そう言えば、娘夫婦の知り合いの田んぼが兵庫県の北西部の宍粟市(しそうし)にあって、5月の田植えに
始まり、先月の稲刈りまで何度か足を運んで運んでいました。が、まさかまさか、それがお米に
成って目の前に出されるとは‥‥‥‥!

正直言って、私は田植えも稲刈りもしたことは有りません。
なのに、幼い孫たちはイッチョマエにしっかいと経験して、どうやってお米ができるのかも理解できたと
思うと有り難いことです(^o^)
もちろん、知り合いの農家さんのご理解とお力添えがあってのお米ですから、こんな貴重な体験を
させて頂いて感謝感謝です(^o^)

このお米は勿体なくて、未だ口には入っていません。
月末の家族の誕生日にでも頂こうかなあ~と思っています。
 

山苞(やまづと)

 投稿者:直子  投稿日:2017年10月11日(水)09時52分38秒
編集済
  10月にしては暑すぎるお天気で、早々と衣替えをしてしまった我が家は着るものに毎朝悩ましい事です。
朝8時くらいまでは、凌ぎやすいしそよぐ風が丁度良いので秋の服で良いのですが、9時を過ぎたら地獄です(^o^)
日本列島は長いので、東日本では寒気のせいで寒い朝晩の様で、信州の従兄弟の話によりますと信州も
「今までが暑すぎたからそう感じるだけで、例年ならこんなものだよ!」と言うので、なるほどーと納得
しました。
関西地方も週末からは、例年並みになってくれるかな?と期待しています。

こんな暑さの中を昨日は、袷の着物でお茶のお稽古に出かけました。
先月までは、単衣(ひとえ)の着物で裏地が無かった分だけ涼しく着ることができましたが(と言っても
猛暑の中では辛いものがあります)、袷だとしっかいと分厚さもあるから着付けの段階で汗が吹き出て
電車に乗ってもクーラーが余り効いていなくて扇子でパタパタ状態です。

先生の御宅の茶室のクーラーは古くてちっとも涼しく無い上に、熱いお茶をゴックンしてまた一汗です(^o^)
そんな中でも、秋を感じるひと時に心穏やかに至福の時間を過ごせて幸せでした。
亭主役(お茶を点てる人)は一服差し上げた後に、お客様(お茶を頂く人)からあれこれと質問があるのが
一通りのお稽古です。
だから亭主役は、点てる前に心構えも必要です。
昨日のお稽古は三人でした。
まづは、私が亭主役で濃茶(ドロドロ状態のお茶)を点てました。
そのお椀のお茶を客人二人で飲んで貰うのです。
お茶席では、お菓子を先に召し上がって貰っていますので、甘いお菓子の後の渋いお茶が美味しく感じられるものです。
お客様から、今日のお茶の名前など質問があるのですが、お菓子についても聞かれます。
何故なら、その季節にあったお菓子が出てきますし、お菓子にも名(めい)があるからです。
お菓子屋さんが付けた名もありますが、お稽古の中では亭主役が付けた名前が披露されます。
先生のお宅に行くまでどんなお菓子が出るかは分からないのですが、季節を考え予想を立てて家を
出ます。
昨日は、松茸を模したお菓子で、私が考えていた名と一致しました。
お客様「お菓子の御名は?」
亭主役の私「山苞(やまづと)でございます」
先生以外の客人は、?と言う顔で私を見ましたので、山苞の説明をしました。
「山苞とは、山の土産、と言う意味があって今ならこのお菓子でもある松茸や栗や木の実などを指すのです」と。
未だ二十代、三十代の客人たちが知らないのも当然です。

ちなみに私は何故山苞を知っていたかと言うと、昔読んだ本の中に書いてあって思い出したので、昔の読書が
役立ったと言うわけです。
和歌や俳句を嗜んでいる人は、普通に使う言葉です。
先生から「山苞も良いですが、浜苞と言うのも覚えていて下さい」と教えて頂きました。
浜苞は、貝のことです。
こうしてお茶席では、お茶以外の色んな事を学べるのも有り難いです(^o^)

今月のお床のお軸は「平常心是道」です。「びょうじょうしん、これどう」と読みます。
意味は読んで字の如く、人生は常に平常心でいましょう、と言う事ですね!
何があっても惑わされず、平然と過ごす事は難しいですが、感情が先に動く私は未だ未だ修行が足りないと
感じた次第です(^o^)
 

寒露と言っても・・・

 投稿者:直子  投稿日:2017年10月 9日(月)20時42分40秒
  今日も真夏並みの暑さでした。
皆さん、熱中症は大丈夫でしょうか?
体育の日の今日は、あちこちで体育関連の行事があったようで、そんな恰好の家族連れを
たくさん見かけました。

また、秋祭りも盛んで、神戸の街中の神社には幟が賑やかにはためいていて、だんじりが
出ている地域もありました。
天高く馬肥ゆる秋ですから、スポーツにしろお祭りにしろ、上天気になって良かったです。
最高気温が真夏並みで、日差しがきついでしたが、日陰に入ると秋風が気持ち良くて
これからの季節がますます楽しみになりました。

本来なら山登りを予定していましたが、10月に入ってから体調が思わしくなくて
ドライブがてらに出かけるのがせいぜいです。寄る年波には勝てません"(-""-)"
出かけた先は、須磨離宮公園です。
年間パスチケットを持っているので、バラが美しく咲いている頃だと思って
出かけました。
体育の日ということもあって、子供の入園料が無料となっていたからか駐車場は満杯で
第4駐車場まで入っていました。
季節が良いからか?と思っていたら、子供森林冒険のコース(アスレティック)があることに
気付きました。今度は孫たちを連れて来たい、と思った次第です。
とても広い敷地なので、園内は穏やかな雰囲気でゆっくいと過ごせました。

バラは種類によってもう散っているのもありましたが、まだこれから、というのがたくさん
ありました。

昨日から寒露に入りましたが、それは暦の上だけでまだまだ暑そうです。
朝晩と昼間の寒暖差が大きいので、体調管理には気をつけて下さい。
 

永遠の課題

 投稿者:直子  投稿日:2017年10月 8日(日)08時56分29秒
編集済
  昨日は、雨が上がってからムーっとして一気に暑くなりました。
今朝は、気温は未だ低いですが、時間の経過と共に真夏並みの暑さがやってきそうです(^o^)
この時期の服に困ってしまいます。
私は早々と衣替えを済ませて、タンスの中は秋物です。
袖をまくりあげて過ごす事になりそうです(^o^)

昨日に続いてノーベル賞の話題で恐縮ですが、これだけは伝えたいので書かせて下さい。
私は、過去の色んなジャンルのノーベル賞の中でも、平和賞は特に大切だと思っていました。
個人が受賞しても、その後の本人の生き方によっては非難される事もあり、受賞選定には難しさが
有ったと思います。
ジャッドん、今年の受賞者は、国際非政府組織「核兵器廃絶国際キャンペーン」でした。
ナント画期的な選定でしょうか?!
私はニュースの第一報を聞いて、拍手を送りました。
名ばかりの「平和賞」では無くて、被爆者の話を聞くことから始まったこの活動が世界を
動かすまでになったのです。
世界中に核保有国が増えて、核廃絶には耳を貸さない態度には腹がたちます。

日本でも民間レベルの活動で、なかなか世界には声が届かなかいし、戦後70年以上が経って
被爆体験を話す人も年々減って来ている現実に、こういう活動が先細りしていくのでは無いかと
危惧していました。

今回、世界で約100カ国の団体が加盟するNGOですから、小さな力が結集して大きな成果を
もたらして成功したと言えるのでは無いでしょうか?
イヤイヤ、大切なのは、これからかもしれません。
本当に世界中が核廃絶できてこそ、この活動の成功!と言えるでしょうから、これからもこの
団体の活動を見守り、みんなで助け合っていく必要があると思います。

世界の平和は、永遠の課題ですが小さな一歩から踏み出さないと頂上には着きません。
どんな国に生まれても、どんな人も幸せに生きる権利があります。
この地球上から核を無くし、戦争を無くし、平和の下で暮らせていけたら最高です(^o^)
そんな日が一日も早く訪れる事を願っています。
 

異国の日本人

 投稿者:直子  投稿日:2017年10月 7日(土)15時08分47秒
編集済
  ノーベル文学賞が、カズオ.イシグロ氏に決まりました。
受賞の喜びは、異国の日本人であること(正式にはイギリス国籍だからイギリス人ですが)で、日本でも
大きく取り上げられています。
5歳での渡英ですから、いやが上にも日本語は次第に忘れ、執筆も英文の方が楽になってくるのは
当然でしょう。
ですが、長崎生まれと言う事実が、遠く離れた日本社会では「同じ日本人じゃないか!」と言う思いに
至り、我が事の様に嬉しく共に喜んでいます。
事実、イシグロ氏は、日本の風土が作品に影響している、と言っていますから少なからず、氏の生い立ちが
良い結果を(ノーベル賞受賞)招いたのだろうと思います。

書店には毎週の様に足を運ぶ私ですが、今まで気づかない作家さんでした。
早速読んでみたいと思います。大変楽しみです(^o^)

昨日からの雨が、先ほどようやく上がりました。
午前中、用事で出かけていたのですが、出ている間は予想通り上がらずに‥‥‥!
雨に濡れたバラです。
 

拉致被害の大きさ

 投稿者:直子  投稿日:2017年10月 6日(金)13時16分21秒
編集済
  昨日は、10月5日でした。
北に拉致されている横田めぐみさんの誕生日でした。
この日をご両親である横田夫妻は、どんな思いで迎えられたか、過ごされたか、と思うと胸が痛いです。
と、言うのも、私の長女も昨日が誕生日で、毎年、横田夫妻の気持ちに思いがいきます。

ありがたい事に私は、毎日娘の顔を見て幸せな笑顔の娘に安堵していますが、横田夫妻は、想像の中でしか
娘に会えない、という辛い思いをされています。
私は35年前 、横田早紀江さんは53年前に長女に恵まれて、あの瞬間に思った気持ちは二人ほぼ同じことだったと
思います。
この子が、病気をする事なく、スクスク成長します様に。と。
母親ならば誰しも出産直後は、子供の健康が第一であり、何を差し置いても恙無く順調に、人並みに、と
願うのが普通です。

娘と一緒に住んだ長さより、拉致されてからの年月の方が長くなり、辛さは日毎に大きくなって
いらっしゃるのではないかと思います。
人の一生を台無しにした北には憤りとともに、何も手が出せない悔しさが募ります。
だからこそ、政治の力で何とかして欲しいと願いますが、なかなか思う様にいきません。

拉致被害の家族は、長い戦いに疲れても希望は失わずにいます。
私たち日本国民が声を大きくして、拉致という事実を忘れずに拉致被害家族に寄り添う事が大切だと思います。
拉致はテロですから絶対に許せないし、又いつこういう被害が拡大するか分からない問題です。
私は、あの吹上浜が現場となって、事の大きさを実感した時のショックは言葉では言い表せません。
ひょっとしたら、笠沙の浜で自分が被害者になったかもしれなかったほど 身近に感じた事件でした。

横田さんだけに限らず、子供と引き裂かれた親御さんの気持ちは言葉に出来ないほど大きなものが
あると思います。
日本政府には、もっとスピーディに解決の道に進んで欲しいと願います。
来年の10月5日には、横田さんも私も気持ちよく娘の誕生日を祝って上げられたら、と祈ります。
 

リベンジです

 投稿者:直子  投稿日:2017年10月 4日(水)20時33分51秒
編集済
  先ほどよりは、少しマシかな?

iPadでの撮影で、画像の鮮明さはイマイチです(^o^)
お許し下さい!

望遠を使えば、もっと大きく見えるのですが、ボヤけるのでこれぐらいでご勘弁を!
 

まん丸お月様

 投稿者:直子  投稿日:2017年10月 4日(水)20時19分17秒
編集済
  今日は、十五夜です(^o^)
私の幼い頃は、男子は相撲を取って綱引きなどもあって、楽しかった昔を懐かしく思い出します。
あの頃は、子供の数が一番多い頃で、どの集落でも賑やかな夜を楽しんだものでした。

今夜は、全国的に綺麗な満月が見られる、というので7時頃に確認したら近くのマンションの上からようやく
顔を出した程度だったので、安心していました。
ところが、今しがた外を見上げると雲が掛かっているのです。
アチャ~~ちょっしもた!
雲の隙間からの画像となりました。

中秋の名月は、中国から伝えられた行事です(^o^)
中国人の友人に確かめたら、中国でも食べ物をお供えするそうです。
日本と違うのはお月様には、神様がいらして、その神様こそがウサギだと言うのです。
だから、お供え物は、神様であるウサギさんに食べてもらう為なのですって!

日本では、お月様の影を見て、ウサギが餅をついている、と形容しますが、中国では、
そういう見方は無いそうです。
「へえ~ウサギさんが餅をねえ‥‥‥‥!」と感心していました。そして、
「日本人らしい発想だね!」と風情を楽しむ日本人は、素晴らしいとも言っていました。


完全な満月になるのは、明後日らしいですが、関西地方は雨の予報です。
明日の十六夜(いざよい)の月の方が、綺麗に見えるかもしれません!
明日の晩、もう一度チャレンジしてみます。
 

故郷の味

 投稿者:直子  投稿日:2017年10月 3日(火)22時04分29秒
編集済
  今日は、思いがけず故郷の土産を沢山もらって、久(さ)しかぶいに懐かしい味を
堪能できました。
小園屋さんのよもぎ餅は、昔から娘たちの大好物で喜んでいつも美味しく頂いて
います。
今日も昼間にラインで「良かったら帰りに寄って!!」と入れたら、きっちり寄って
貰って帰りました。
もっとも、かるかん饅頭やふくれ団子やあくまきなどもあったので、嬉しさは格別だった
のではないかと思います。

人間は、3歳までに口に入れた食べ物の味は忘れない、と言われていますから故郷を離れた
今も忘れるわけはないのですが、そのどれもが大好物だと余計に嬉しい故郷の味です。
いわゆる「おふくろの味」も同じことです。
幼いころの美味しかった思い出は、一生覚えているもので他人にとっては大したことは
なくても、その本人にとっては最高のものであり、自分一人だけの宝物かもしれません。

久(さ)しかぶいの故郷の味を届けて下さった方に、感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

明日は寒気が入って、グッと寒くなるようです。
大阪の最高気温は22℃の予想です。今日より5℃も低いのです。

天候不順の折柄、皆様方くれぐれもご注意ください。
 

レンタル掲示板
/416