teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


薩摩人として

 投稿者:直子  投稿日:2017年 1月21日(土)21時03分4秒
  今日は、いろんなことがあった日でした。
一番喜ばしいのは、なんと言っても稀勢の里が優勝したことではないでしょうか?!
大関の中で、最多勝という成績をのこしながらも優勝経験が無い、という情けない力士に
挙げられて本人が一番悔しい思いをしていたかと思いますが、ここにきてやっと、日頃の
努力が実を結んだと言えましょう(^◇^)

一時、モンゴル勢が優勝力士として賜杯を手にするのを苦々しく思っていた方も
多かったことでしょう。
明日の取り組みがものをいうと(実力が試されるから)思いますが、勝って有終の美を
飾って欲しいと願っています。

そして、海の向こうでは新大統領が誕生しました。
世界の一番を目指すなら、尊敬されることも一番であって欲しいものですが、あちこちから
軽蔑の声が出てきていると言うことは、今後の政治力が見ものです。
どんなことが待っているのか?日本への影響は如何なものか?未知数だらけで
ある意味、楽しみな将来です。

そして、そして私が今日を最も注目したのは、今日が「薩長同盟」の日だと言うことです。
今から153年前に薩摩と長州の間に結ばれた同盟です。
坂本龍馬や中岡慎太郎が仲介して、薩摩藩代表の西郷隆盛と長州藩代表の木戸孝允らが
締結した政治的、軍事的 同盟です。

簡単に言えば、犬猿の仲だった同士が仲良くしましょう、と和解し、これからは利害を
一致させて江戸幕府を倒すために頑張りましょう!と手を繋いだということです。
この薩長同盟と幕府の敗戦によって、世論は幕府を解体して開国へと傾いていくことに
なりましたから、結果的には両藩にとって良い結果が出たのです。

私の友人のご主人は山口県出身です。鹿児島県出身の嫁をもらうとあって、披露宴の祝辞に
「この薩長同盟は永遠です!」と言われたとか!!
過去の歴史を振り返れば、当時の人からは想像もできないことが起きるものですね!
ちなみに、薩摩藩の出身でのちの陸軍大将となった大山巌氏の妻は、会津出身の捨松さんです。
捨松さんは、大の薩摩嫌いだったにも関わらず、大山巌の人間性に惚れこんで結婚した、と
昔読んだ小説に書いてありました。
憎い薩摩が愛すべき人によって、認識が変わって行った女心はわかるような気がします。

それにしても、薩摩は日本の僻地にありながら日本の歴史上に名を残した偉人が多いと
改めて郷土の士に敬意を表します。

http://n

 
 

♪雪やこんこ、とペチカ♪

 投稿者:直子  投稿日:2017年 1月20日(金)20時08分14秒
  今日は、二十四節気の「大寒」です。
寒さが最も厳しくなる頃で沢に氷が厚く張り始める頃のことを言いますが、まさに
そんな日和でした。

昼間は晴れているかと思ったら、急に真っ暗になって雷まで大きく鳴り出して
ガラス窓をたたきつけるような大雨となったり、いわゆる「ふい」がして大寒らしい
お天気でした。

こんな天気の日は、決まって外から流れてくる音楽があります。
今日は、♪雪やこんこでした。曜日によっては♪ペチカなのです。
これは、石油ストーブ用の灯油を売るタンクローリー車(小さいですが)から流れて
きます。住宅街を走ると各家家から灯油タンクを持って外に出てくると言う訳です。

我が家は20年前からガスストーブに代えて、4年前からはセントラルヒーティングに
なりましたので、この灯油配給車にはご縁がないのですが、未だに石油ストーブの
ご家庭は多いようで、週に2度も回ってくるのですから皆さん助かっているようです。


今夜から厳しい寒さとなりますが、来週はもっともっと寒くなりそうですから、皆さま
くれぐれもご自愛ください(^◇^)

http://n

 

ひげさん

 投稿者:直子  投稿日:2017年 1月19日(木)17時22分23秒
編集済
  関西のおばちゃんも色々で大変です。
人によっては「関西のおばちゃん」という名称を嫌う人も多いのですよ(^◇^)

人懐っこくておせっかいでアメちゃんをくれる人ばかりだと良いのですが、ド厚かましい人も
「関西のおばちゃん」の特徴ですから・・・
それだけは私もイヤですから、いつも控えめに(?)していますが・・・


今日は、友人4人で梅田で新年会ランチでした。
こんな日に限って大変なことが起こるものです。
いつも待ち合わせの予定時間より早めに自宅をでるのですが、それが幸いして何とか
予定時間に間に合って事なきを得ました。

朝、最寄りの駅に着いたとき、改札口付近に黒山の人だかりができていて、「あれっ~~」と
思ったのですが、ホームには普段通りの人が見えるし、と思って改札を通ったのです。
ホームの椅子に腰かけた途端、「○○駅と○○駅の間で人身事故があり、梅田ー西宮間が
運転見合わせしております」とアナウンスが流れました。

「ええええ~~そんなあ~~」と軽いショックを受けました。その時で10時でした。
普段なら人身事故も10分ぐらいで片付くからホームで待っていたら良いかな?なんて
呑気に座っていたら、次のアナウンスで「運転再開は11時ぐらいになります!」と
言うではないですか!!!

あちゃ~~、待ち合わせ時間が11時なのにどうしよう??と考えたら、近くにJRの駅があるのを思い出しました。
急いでタクシー乗り場に行ったら、考えることはみんな一緒!私の前には30人くらいの人が待っています。
その上、タクシーはなかなか来ません。
そこで、思い切って大声で「JRの○○駅に行かれる方いますか?」と叫んでみました。
そしたら数人が手を挙げてくれたのです。嬉しいことに一番前に並んでいるお嬢さんも
手を挙げたので「ご一緒に相乗りさせて頂けませんか?」とお願いしたら気持ちよく
OKしてくれました。

次の番の若い男性二人も手を挙げたので、4人一緒にどうですか?と言って話がまとまった
時、タクシーが来ました。
急いでいるときに限って、赤信号に引っかかるものです。いつもなら10分で行くのに
15分もかかりましたが、無事にJRの駅に着いた時はほっとしました。
相乗りさせて頂いたお礼に、と言ってタクシー代は私が払いました。
お嬢さんも学生さんも恐縮しましたが、「さあ、これからダッシュよ!」とみんなで
タクシーを降りてホームに走りました。

JRの電車もすぐには来なくて8分ぐらい待ちましたが、大阪駅に着いてからは
待ち合わせ場所まで走った甲斐があって、待ち合わせ時間ジャストに着くことができました。
あのタクシー乗り場であのまま順番を待っていたら、友人たちを随分待たせたことになった
かも?と思うと、あの時思い切って声掛けして良かったと思いました(^◇^)

タクシー乗り場で、私が声を上げたことで「西宮に行く人はいませんか?」と言う声も
上がって、数人が手を挙げて相乗りの約束があちことでできていました。
お互いに声をかけあうことで、無駄な時間と無駄なお金をかけることなく助け合って
何とかなるものです。

タクシーの中で、お嬢さんも学生さん方も「よくぞ、声をかけて下さいました!」と
喜んでいたので、あの場はあれで良かったのかもしれません。
私の声掛けも、関西のおばちゃんの行動かな??東京の奥様方はこんなことはしないかも?
アハハハ~~(^^♪

http://n

 

(無題)

 投稿者:ひげ  投稿日:2017年 1月19日(木)03時57分30秒
  そやな・・・!!。笑)))))

なおちゃんも関西のオバチャンか・・・日本全国関西のオバチャンになればええのに・・・・・。
 

笑いの文化

 投稿者:直子  投稿日:2017年 1月18日(水)19時52分23秒
編集済
  関西に来て、この3月で42年になります。
偶然、この街に住んでこんなにも長いこと住むなんて思いもしませんでした。
じゃっどん、ここの土地気質は自分にあっていたと今さらながら解って、人生の大半を
関西で過ごすことを感謝しています。

もちろん、故郷かごいまは大好きでどこよりも素晴らしいと自慢できる街ですが、住むには
働くには難しい面もあった上、ご縁があった人が関西に住んでいた事もあって、ここが安住の
地となりました。

何が私にあっていたかと言うと、やはり「笑い」の文化だからです。
これは、漫才や落語の笑いではなくて、日常生活の中の「笑い」です。
関西人が二人揃ったら漫才が始まる、と言われるくらい会話が面白いのです。

「この服、ええやんか!」
「そうやろ、私やから似合うんよ!これで2980万円もしたんやで!高かった割にエエやろ?」
こんな会話は序の口で、必ずボケとツッコミがあったり、おちがあったりと、日常の
会話の中に笑いがあるから、思わず微笑んで、時には大声で笑ったり、と楽しい日常が
あるのです。

近所のお好み焼き屋さんの屋号が「ここやねん」だったり、ぺちゃ焼き屋さんは「あほや」
です。看板を見ただけで思わず「ニコッ」としてしまいそうな日常があります。

先日、友人に写真をあげました。(他の友人8人も一緒に撮った写真を1枚に仕上げたものです)
「直ちゃん、これいくら?」
「そうやね、金の延べ棒1本かな?!」
「ほな、うちはローンでお願いするわ!」
って、こんな感じなのでちっとも嫌味が無くて差し上げられます。

こういう会話が身に着いたということは、私もすっかり関西のおばちゃんです。
私はこんなですが、関西育ちの長女はくそ真面目な性格で、こんな会話ができないのです。
同じ関西人でも色々です(^◇^)

これが良いのか否かは別にして、私はこんな会話ができる関西の土地が気に入っています。
だから、毎日が楽しいのでしょう(^^♪
これからも、毎日笑って過ごせたら最高です!!

http://n

 

鎮魂の思い

 投稿者:直子  投稿日:2017年 1月17日(火)20時56分46秒
  今まで60年間生きてきた中で、最も恐怖を覚えたのが阪神淡路大震災です。
たぶん、東日本大震災の被災者の方々も同じ思いだと思いますが、(熊本や鳥取も)
人間の力ではどうすることもできない(不可抗力)歯がゆさや悔しさ、虚しさ、悲しさを
これほどまでに感じたのも阪神淡路大震災です。

地球という星の上に生かされている以上、地震大国日本に生まれてきた以上、こんな
思いをこれからもしなくてはいけないのだ、という覚悟が生まれたのも阪神淡路大震災です。

あの地震で人生が一変した人も沢山いらっしゃいます。
あの地震さえなければ…と言う方も多いのです。

今、私はこうして幸せに暮らせていることに感謝していますが、ちょっと震源地がずれて
いたら、どんな人生が待っていたのか?と人の幸不幸、運不運を考えさせれます。

阪神淡路大震災だけでなく、奥尻島地震、東日本大震災、長野地震、熊本地震、鳥取地震で
犠牲となられた多くの方々の御霊に鎮魂の祈りを捧げます。

http://n

 

あれから22年!

 投稿者:直子  投稿日:2017年 1月16日(月)21時38分5秒
  昨日、suihoさんが地域の防災訓練の模様を載せて下さっています。
阪神淡路大震災から明日で22年になります。私は今でもあのゴオ~~という地響きを
しっかいと覚えています。
あの大震災から学んだことも沢山あります。
私だけでなく、多くの人がそうだったようにいろんな場面でそれを生かして生きて来て
います。

じゃっどん、悲しいかな、人間はすぐに物事を忘れてしまいます。
あんなにひどいことを経験しても、22年も経てば忘れてしまうのは当たり前かも
しれませんが、それでは犠牲になられた6400余名の方々に申し訳ないです。
だからこそ、防災訓練を欠かさずに多くの人にあの日のあの時間から学んだことを
広めることが大切です。

阪神淡路大震災以降、東日本大震災、熊本地震、鳥取地震、と日本中で震災は
繰り返されています。ましてや、南海トラフ巨大地震の脅威があります。
いつ、どこで、どんな規模の震災に遭おうともあの経験を生かしたいと、家族で
日頃から話し合っています。

22年前と違うことも沢山あります。世間は進化しています、
22年前にはなかったSNSという道具を使えば、お互いの安否確認ができますし、
それによって助けられる命も増えると信じています。
我が家は4年前に家を新築したときに、耐震耐火構造の軽量鉄骨構造の家にしたので
自宅にいる分は安心ですが、地震が昼間起きた場合が非常に心配です。

娘夫婦が仕事に出ているので、私が孫たちを幼稚園、小学校にそれぞれお迎えに
行かなきゃいけませんし、大津波が来るようだったら私が孫たちを守らなければ
なりません。私の役割は重要ですからウカウカしていられません。
だから、いつもいろんな場合を想定し、シュミレーションしながら生活しています。
心構えがあるか、ないか、だけでもイザというときに大きく違ってきます。

だからこそ、防災訓練は重要なんです。
自助共助の大切さを考えながら、明日と言う日を過ごしたいと思います。
 

スケート日和?!

 投稿者:直子  投稿日:2017年 1月15日(日)21時27分2秒
編集済
  この冬一番の寒波で西日本から日本海側にかけて大荒れのお天気となりました。
むいなかことに、丁度大学入試センター試験と重なり、ヒヤヒヤした方も多かったことと
思います。
今朝は、庭が真っ白になっていて、チラチラと一日中路面が乾くことはありませんでした。
それでも今日は「どんど焼き」だったので、朝一番に近所の富松(とまつ)神社にしめ縄や
門松を持って行って焼いてもらいました。
これで、お正月も終わりました。家の中も普段通りに戻りました。

suihoさん、そうですねえ!優しい執事に毎晩感謝しています。
逆の立場だったらここまでしてあげたかな?と自信がありません(笑

昨年から、孫娘がジジにスケートを教えて欲しいと言われており、今日を予定していたので
雪が舞う中を「尼崎の森」スケート場に娘家族と一緒に出かけました。
ジジは、ウインタースポーツにはたけておりすごく上手いのです。

ジジの指導のお陰か、最初は壁伝いにしか滑らなかった孫娘でしたが、1時間後には
上手に足を出して一応形ができてきたようでした。
私は2階席からカメラマンに徹していて、冷えて寒くて仕方がありませんでしたが
孫娘はジャケットも脱いで滑っていたので良い運動になったようです。

また、チビ孫は最初から滑る気があるのか?と思えるほどの状態だったのが、リンク内に
同じ幼稚園のお友達を見つけてから親の手を振りほどいてチョコチョコ滑り出して
ビックイしました。別人か?と思えるほど上手になって帰宅を嫌がるほどでした(^◇^)

帰りは、よほど疲れたと見えて、二人とも車の中で眠りだしました。
すってんころりも無く、上手に滑っていた二人に拍手を送ったババでした。

帰宅した夕方には雪もやんで、明日は今日ほどに降らなければよいが、と願っています。
 

防災訓練

 投稿者:suiho  投稿日:2017年 1月15日(日)14時40分53秒
  直子さん、愛があるから尚更効果があるんじゃないですか(^^♪

 昨日今日と寒いですね。
昨日は、寒風の中、防災訓練でした。
阪神淡路大震災を機に、共助の意識を高めようと継続されてます。
確か、大阪でも最初の取り組みではなかったでしょうか。
 更に、地域ではその共助をどう具現化しようかの話し合いが続いてます。
地震が起きないことが一番なのですが、備えあればの対応中です (^O^)
 

ゴッドハンド?撫でてみたら・・

 投稿者:直子  投稿日:2017年 1月13日(金)22時04分37秒
編集済
  昨年は、肩の激痛で眠れない日々を過ごしましたが、ここのところ少しづつ痛みが
緩和してきていることに気づきました。

実は、激痛が始まってから毎晩10時になると、執事が肩から背中を撫でてくれるのです。
執事の家では昔から「手のひら療法」は痛みを和らげる、ということでお腹が痛いときは
お腹を母親にさすってもらっては不思議と治っていたらしいのです。

当然のことながら、結婚して子供ができて、痛みを訴えるときは同じように手のひらで
撫でてあげていました。(それがウソみたいに治るのです)
そんなこんながあったから今回の私の肩にも試してみたのです。
実はもう一つ裏話があって、毎晩の摩りをやり始めてから偶然にもNHKの番組で、痛みには
摩ることが効果的だと言っていたので、自分たちの行為が間違っていなかった、と確信して
続けていました。

完全には治らなくても痛みは緩和されると言うことを、自分の体で実証したことを喜んで
いた矢先、今日のお昼の民放TVの番組でも取り上げていました。
ナントなんと、お医者さんが根拠を発表したとその内容を説明していたのです。
やっぱり!!私たちが信じていたことは本当だったのだ!!と喜んで見ていたらピンポンと
玄関のチャイムがなり、肝心のところが見られませんでした。ジャンネン( ;∀;)

撫でられている人が心地よい、と思えるほどの強さであったり、時間であったりすることが
重要だと言っていました。
我が家は執事が10分間だけですが、撫でてくれるといつの間にか眠くなるような癒しの
時間となっています。

ウソだと思ったらやってみてください。
ただし、これは病気を治すものではありません。あくまでも痛みを緩和するだけです。
関節痛や腰痛で痛みを感じたときにでもどうぞ!!
あっ、我が家の癒しタイムになりましたからここらで失礼します<m(__)m>
 

レンタル掲示板
/388