teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


時代に乗り遅れています( ;∀;)

 投稿者:直子  投稿日:2017年 2月25日(土)21時46分25秒
  今や、何でもかんでもスマホを中心に考えられているようで、未だにガラケーの私は
何が何だか解りません。

海外からのお客様をもてなすのもスマホのアプリが役立つということで、国を挙げて
スマホのアプリ導入に力を入れているようです。

確かに、2020年の東京オリンピック、パラリンピックでは多くの外国人が日本を
訪れると思います。
一番懸念されるのが、「いざ」と言う時です。
外国人さんが急病になった時、スマホを通じて救急隊と意思疎通が容易にできるような
体制が整備されていたら安心です。
そのためには、多言語対応のアプリが必要です。
こうして、文に書けば「じゃらい!!!」と納得しますが、果たして、そういうアプリが
実際できるのでしょうか?イヤイヤ、日本人は賢いから3年もあればできるでしょう(^◇^)

私が心配することではありませんが・・・・
4年前にシンガポールに行ったとき、シンガポール在住の友人が教えてくれたのですが
「シンガポールは世界一スマホが普及している国なんだ!」と。
確かに、腰の曲がったお婆さんでさえもバスの運賃はスマホを機会にかざして支払いして
いました。バス停には時刻表なんてありません。みんなスマホで確認しますから!
「ワオ~~!!」と思いましたが、日本もそんな時代が近づいているのかもしれません。

実は、我が家でも執事のガラケーを1月にスマホに代えました!
これは、私からの至上命令として(笑
1月17日の阪神大震災の22回目の追悼の時に思ったのです。
災害時に家族の安否確認に一番役立つのは「ライン」です。
私は殆ど自宅にいますから、iPadがあります。
娘たち、婿殿たちはもちろんスマホです。
たった一人、心配なのがガラケーの執事です。
執事はボランティア活動が盛んで、ほとんど家に居ません。
家族全員がバラバラなときに、災害が発生したら執事だけに連絡が取れなくなります。
(ケータイメールは殆ど役にたちませんから・・・)
そのために、スマホに代えたのです。

実際は、どうなのか、その災害の大きさにもよりますが、22年前の震災時とは時代が
違うし、一概には言えませんが念のために準備だけはしておきたいと思ったのです。

今月初めに九州旅行をしたときに実感しました。
iPadも持って行っていたので繋ごう、としますが日本は観光都市であってもまだWi-Fiの
繋がっているところは少なくて、用を足しませんでした。が、スマホはケータイの
アンテナを使っているために、どこでも繋がって随分助かりました。

先ほど書いた非常時に「ライン」がスマホでつながる、と言うのはこの逆でケータイの
基地局がダウンしても「スマホWi-Fi」というのが機能してつながりやすい、と言う訳です。
私はそこに目をつけたわけです。

と、言っている私ですが、自分が外に出かけているときに災害が起きたら最悪です。
家族で一人だけ連絡がつきません( ;∀;)
だから災害が絶対起きないで欲しいと願っています(^◇^)

今日は、孫たちの幼稚園の生活発表会でした。
市内で一番大きなアルカイックホールでありました。
二人とも日頃の練習の成果をいかんなく発揮していました。
そんな二人の成長に胸が熱くなった婆です。

ママ手作りの衣装で元気よくお遊戯をしていたチビ孫はちょっと緊張気味でした。
孫娘は、舞台の一番前でシンセサイザーを弾いて100人の年長組さんをリードして
いました。
また、年長組さんたちは、どのクラスもミュージカル仕立ての舞踊劇で大人顔負けの
舞台でした(^^♪

http://n

 
 

一昨日は

 投稿者:直子  投稿日:2017年 2月24日(金)20時07分33秒
編集済
  2月22日でした。いわゆるゾロ目です。
語呂合わせで「にゃんにゃんにゃん」で猫の日とか、「ニンニンニン」で忍者の日とか、
色々あるみたいですが、我が家にとっては特別な日でした。

親類の女性が出産したのです。それも双子の赤ちゃんです。
2月22日に双子の赤ちゃんとは、2222続きで縁起が良いです(笑

彼女はスイスに住んで居て、早くに双子だということは解っていましたが、まさかこの日に
なるとは思っていませんでした。夜になって「あと3時間で帝王切開術です。」という
連絡があり、気をもみました。

海外での出産の上に、彼女の年齢が40歳を優に超えているだけでなく、初産なのです。
頼りになるのはフランス人のご主人だけです。
彼も40代半ばを超えているとは言え、初体験の出産で大丈夫かな?と遠い日本から
エールを送りました。
「夜中でも良いから生まれたら知らせてね!」とラインで言っていたのですが、翌日の
早朝、iPadを開いてみたら、可愛い男女の双子の赤ちゃんの写真が添付されていました。
あああ~無事に生まれたんだ!と感動しました。

写真だし、眠った状態の赤ちゃんだから詳しくはわかりませんが、どう見てもフランス人
そのままです。パパ似の赤ちゃんでメデタシめでたしです(^◇^)
しょっちゅう帰国する彼女ですから、今年中には赤ちゃんに会えると思います。
その時が今から待ち遠しい婆バカな私です。

http://n

 

地球型惑星???

 投稿者:直子  投稿日:2017年 2月23日(木)21時08分49秒
  昨日、アメリカからすごい発表があってビックイしました。
39光年先に、地球によく似た惑星が7個も見つかったというものです。
それは、大きさや重さ、温度が地球に似ているだけでなく、水や大気が存在している
というのですから、もしや、もしや?と生命体の存在もあるのではないか?とついつい
思ってしまいますがどうでしょうか?

もしかしたら、地球上でUFOか?と騒いでいることは、幻ではなくて本当に生命体が
訪問しているのではないか?と信じたくなります。
実際、霊感の強い私は3回もUFOを見ていますので、そのことを信じたいです。

この宇宙には解らないことだらけで、こういう情報があるとワクワクします。
想像しただけで壮大なロマンが広がります。

姫路城横に「好古園」という公園があります。
昔の武家屋敷跡を公園にして解放しています。その中で盆栽展をやっていました。

http://n

 

お・も・て・な・し

 投稿者:直子  投稿日:2017年 2月22日(水)22時04分37秒
編集済
  三寒四温とはよく言ったもので、寒い日、暖かい日が日替わりでやってきます。
今日は、寒いようで暖かい?と思っていたらちょっと冷えて・・・今は雨が降っています。
明日は、また春のような陽気になるようです。
これだけ寒暖の差が激しいと、体調を崩しやすいので気をつけて下さい。


あと3年後は東京オリンピックがあります。
それで、外国人のお客様に対して「お・も・て・な・し」が大切だと言われています。
日本人らしい細やかな心遣いをして、接客することは大切だと思います。

今回、我が家に来たアメリカ人夫妻は2回目で我が家の勝手も分かっているせいか、とても
リラックスしていたし、私たちも前回ほどは緊張せずに話ができました。
それでも、いろんな面でかなり気を使いました。
結果的には喜んで帰宅したので、これで良かった!と満足しましたが、「おもてなし」と
一言で言っても難しいものだと痛感しました(^◇^)

最初の夜、私のお茶を一服差し上げました。
お抹茶は大好きなのは、前回来た時に解ったし、京都の我が家の菩提寺で一緒にご住職から
頂いたので、今回は私の御点前を見て楽しんでもらいました。
その後に、奥さんに着物を着せてあげました。喜んだのはご主人の方です(笑
綺麗な奥さんの着物姿をバチバチと何枚もカメラに収めていました。
後姿までリクエストされました(笑

アメリカ人にしては小柄な奥様で私の着物がぴったりでした(^^♪

http://n

 

記念日

 投稿者:直子  投稿日:2017年 2月21日(火)20時39分12秒
編集済
  最終日のお昼ご飯は、須磨にある旧神戸迎賓館のレストランでサプライズの御祝いも
してあげたらすごく喜んで私たちも、色々企画した甲斐があり嬉しいでした。

彼らは、私と同じ年齢ですが、今年は結婚40年の記念すべき年でした。
そこで、予約の時にレストランにお願いしてちょっと驚かしたのが上手くいきました。

http://n

 

suihoさん

 投稿者:直子  投稿日:2017年 2月21日(火)20時35分19秒
  こんばんは。
ホント「春よ来い♪」と歌いたくなるほどに待ち遠しい春ですね!
今日は、昨日と一変して気温が低くてチンタカ日和となりました。
気持ちだけは、春を期待するワクワク感が一杯です。
早いものであと1週間もすれば3月です。
昨日は、笠沙の野間神社祭りでしたから、春ももうすぐと言うことでしょう。

土曜日からアメリカ人夫妻が我が家を訪れて、楽しい3日間を過ごしました。
私の拙い英語力でもちゃんとコミュニケーションはとれて、しっかいと意思疎通が
でき充実した思い出ができました。

日本に9年間も住んで居ても日本語はさっぱりダメですから、どこへ行っても通訳が
必要で神経を使う毎日にしったい疲(だ)れたのも事実です。
9年もいれば、日本全国いろんなところに旅行しているので、今回はどこを案内しようかと
思ったのですが、我が家から近いのに意外と忘れられる淡路島はどうか?と打診したら
まだ行ったことがない、と言うので淡路島を案内しました。

ご主人の方は、英語はもちろんですが、フランス語、ドイツ語、ノルウェー語と語学に
堪能なのに日本語を喋れないというのは、やはり日本語は難しいということでしょうか?
私の英語は、日本語の習慣で主語を略してしまうので何を言っているのか解らない、と
言われました。ついつい日頃の癖がでるようですが、最終日などは、あちらが私の喋り方に
慣れたようでちゃんと理解してくれていました(笑

最初の日が姫路城を案内し、(数年前にお色直し前の姫路城に行ったことがあったそうですが)
何度見ても美しい、と感動していました。
翌日は、淡路島の(というか大鳴門海峡の)渦潮見学のクルーズをしたのですが、大潮で
なかったので期待したほどはなかったです。
それでも、アメリカはモンタナの山国の出身ですから海を見ると興奮するようです。
他に伊弉諾神宮や淡路島の特産品の瓦産業会館などに案内して、神戸市内の有名どころを
周り、サヨナラしました。

http://n

 

春よ来い

 投稿者:suiho  投稿日:2017年 2月19日(日)23時51分59秒
   春の写真が出だしましたね (^.^)

 私も、今日は近所、淀川を散歩していたるところに
春を見つけました。
先だってまで、寒いなと思ってたのが、あっという間に
変わっていきます。
 人も、卒業や仕事の終わりなど、一つの区切りの時期です。
 そして、あらたな希望に胸をふくらます時期にもなってきます。
そんなわくわく感が、これから写真にも表れて来るんでしょうね (^O^)
 

アレルギーの日

 投稿者:直子  投稿日:2017年 2月17日(金)21時26分0秒
編集済
  今日は、全国的に暖かくて過ごしやすい一日でしたが、場所によっては荒れたお天気と
なったところもあったようです。
春一番が吹いた東日本では、被害も出て大変だったのではないでしょうか?!

こんな日は体調も崩しやすいので気をつけて下さい。
特にアレルギー体質の方は、意識して過ごさなければいけません。
花粉症も出始めていますから、風には要注意です。

2月20日は「アレルギーの日」です。
また、17日から23日まではアレルギー週間と定められ、アレルギー疾患に対しての
的確な情報を国民に提供するための活動を推進する週間となっています。

日本では今や沢山の人がアレルギー症状が出て、花粉症をはじめ喘息や食物アレルギー
などで悩まされています。我が家も家族全員がアレルギー体質です( ;∀;)

私はアレルギー症状が年中出ており、この冬は喘息でしんどい毎日です。
先日、かかりつけ医の診察を受けたときは一番に血中酸素濃度を測られました。
その時は95%でした。前回は93%だったので、少しはマシかな?と思ったのですが
健康な人ならば98%、99%ですから決して安心できる数字ではありません。
もちろん、発作が収まってから受診したので、それほどまでの数字になるとは思っていませんでした。

先生も「この数字は良くないですね。深刻ですよ!」とおっしゃって、この日は色々と
私の発症に関する問診を受けました。
実際、年間6000人が喘息の発作で亡くなっているので、軽んじてはいけないと解っています。

私自身、30代の頃は、あまりのひどい発作で三途の川を行き来(?)した経験もあります。
このまま死んでしまうのかなあ?と意識がもうろうとした中でも考えていたころのことを
思うと、ヒヤヒヤします。もちろん、毎日の薬の服用や吸入は欠かせません。
それでも発作はすぐには収まらないので厄介です( ;∀;)

不思議なことに花粉症が始まれば、喘息の発作が楽になるのですからどちらが良いやら
分かりません(笑
いずれにしてもアレルギー症状が常に出ている身ですから、日頃からいろんなことに
注意しています。

たかがアレルギー、されどアレルギーです。
もしや?と思っている方は、この機会に相談できる機関もありますから有効に活用される
ことをお勧めします。

http://n

 

春の花

 投稿者:直子  投稿日:2017年 2月16日(木)21時50分44秒
編集済
  今日は、全国的に春のような暖かなお天気で気持ちが良かったです。
この後はこのまま春に一直線かと言うと、残念ながらまた冬に逆戻りになるようで
そんな簡単には春にはなりません。

昔の人は言いました。「暑さ寒さも彼岸まで」と!じゃらい!!!
お彼岸はまだまだ先です。
後しばらくは我慢ですね!

今日、春の花が欲しいとお花屋さんに行ったら桃の花はもちろん、スイートピーや
フリージアなど色々あって迷いました。ええいっと思って沢山の花を買ってきて
飾ったら、家の中が春の花の香りに包まれています。
また、春の花はパステルカラーで気持ちも穏やかに落ち着きます。

我が家の庭の春の花は、まだまだ蕾が固くていつになったら咲くのやら?と言う
感じですが、そのうち花いっぱいになるだろうと期待しています。
沈丁花だけは咲きだしたので、門のところに鉢を移動させたら訪問者の目に
留まるようで「いいですねえ~」と言われます。
木が大きくなり、鉢が重くなったのでそのうち移動もできなくなるのでは?と
お客様に香りを嗅いでもらうのも今年が最後かもしれません。

明日は暖かいけど、お天気は下り坂のようです。ジャンネン( ;∀;)

http://n

 

学ぶ楽しさ

 投稿者:直子  投稿日:2017年 2月15日(水)22時36分50秒
編集済
  先日発表されたサラリーマン川柳のなかに
「ゆとり世代?そういうあなたはバブル世代!」というのがありましたが、日本の
教育の行く末はどうなるのか?と心配している人も多いことでしょう。

量より質!といわんばかりに「ゆとり教育」なんてものが生まれましたが、その弊害は
そのまんま子供たちに反映して可哀そうなことをしていました。
そういうことを決めた大人が悪いのですが、学ぶ機会を奪うとはひどいものです。

現代の子供たちの小学校6年間の授業時間は、私たちの頃の6年間の授業時間とを比べると、
ナント1000時間も少ないのです。数字にして初めて判る今の教育ではないでしょうか。
「勉強、勉強!」と言われる割合は昔も今も同じでしょうけど、私たちが育つころは
もっと実のある教育だったのではないか?と思います。

それは、知らず知らずのうちに「生きる力」を学んでいたように思うのです。
昔は日本の社会全体がまだ貧乏で、何とか良い暮らしをしたい、という希望が大人も子供も
あったからかもしれません。

恵まれた時代に生まれた今の子供たちは、多くのことを学ぶ場が無いように思います。
あああ~私は、良い時代に育ったなあ~と過去を振り返って有難く思うこの頃です。

4月から小学生となる孫は、未知の世界に突入しますが「生きる力」を身につけられる
ように陰ながら婆力を発揮したいと密かに企んでいます(^◇^)

明日は、ところによっては4月並みの気温となるそうです。
寒暖の差が大きいですから体調管理に気をつけて下さい。

http://n

 

レンタル掲示板
/392